>

本当の意味での予防歯科

安心して相談できる歯医者さん

予防歯科には、セルフケアだけでは不十分ですが、歯医者さんでのプロフェッショナルケアだけでも不十分です。
両者が車の車輪の様に一緒に支えあうことで最も効果を発揮するんです。
そのためには、ちょっとしたことでも相談できる「かかりつけ歯医者さん」と出会うことが大切です。
「かかりつけ歯医者さん」に求められていることは歯科治療だけでなく医療、介護に至る幅広い見識を持ち、近隣にお住いの患者さんの生涯にわたる口腔内の機能を維持、向上させることを目的として地域医療の一端を担うということです。
そのため、治療内容によって、より専門の治療実績のある歯医者さんへ紹介したり、医療機関と連携し、全身の健康に対してもアンテナを張っていくことが期待されているんです。

「か強診」という制度

地域の一人一人の患者さんが、生涯にわたった安定した歯科治療を受けられるために、厚生労働省が2016年に制定した制度が「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)」の認定です。
虫歯や歯周病の再発予防を含めた維持管理実績があることや、安全な医療のための設備や環境が整っていること、緊急体制が整っていること、など、細かく定められた基準を満たすことで、厚生労働省から認可を受けます。
現在まだ全歯科医院の1割程度しか認定されていませんが、認定医院では、予防歯科で受けるフッ素塗布などの予防治療が、毎月保険の範囲内で受けることができるのです。
か強診に認定されていない歯医者さんでは、3か月に1回しか、保険適用内でフッ素塗布を受けることができません。
予防に関しての治療にも保険適用とすることで、健康維持のためにも歯医者さんを利用しやすくなっているのです。


この記事をシェアする